ハースストーン Tips

ハースストーン Tips

ハースストーンプレイヤーの備忘録

コントロールウォリアーガイド-採用カード-

ウォリコンは、相手のカードを全て除去しながら受けきって勝つデッキです。

その名の通り正真正銘のコントロールデッキなので、相性表通りアグロに強くミッドレンジに弱いです。

除去札の性能が随一で、リソース補給手段も豊富にあるため、安心して受けに専念できる点でプレイングが簡単なデッキであると思います。そのかわり、受けきるためには相手の攻め札をあらかじめ把握し的確に除去札を当てていく必要があるため、プレイする上で環境等に関しての予備知識を得ておく必要があります。

f:id:stelmosfire:20190507215531p:plain

 

 コアカード以外の採用理由

 

悪意の銀行家

コントロールデッキ相手にはエリシアーナを使い回すために採用されています。

メックトゥーンウォリアーや聖なる怒りパラディン相手の場合は妨害工作員を埋めるのも有効なプレイです。

エリシアーナを使い回す必要のないその他のデッキ相手には、テンポプレイとして適当なミニオンを埋める場合もあります。

 

このカードは、若き酒造大師で代用できます。

若き酒造大師は3/2というバニラスタッツを持っています。アタック3というのがキモで、環境に多いローグの3/3ミニオン達に相打ちを望めるスタッツです。対峙するローグに、ボードを取るために除去を強要することができます。

雄叫び効果に着目すると、酒造大師は盤面に対象が残りません。そのため、エリシアーナに使う場合は7/7が盤面からいなくなってしまうため相手に除去を強要することができません。

一方、妨害工作員やオメガ・デバステイター等に当てる場合はタイムラグ無く再使用できるため、酒造大師に軍配が上がります。

 

苦痛の侍祭

貴重なドローソースです。ソフトトーントとしてもしばしば活躍してくれます。

ピン差しにしてある理由は、主にミラーマッチを考慮してです。

ミラーでは、ミニオンは必要以上に展開しないのがセオリーなので、除去札がハンドを圧迫してしまいます。この状況では苦痛の侍祭も死に札になってしまいます。

また、相手のヤジロボ、自分のザ・ブーム・リーヴァーで苦痛の侍祭を引いてしまうと、予期せぬドローを強いられてしまうため、それを防ぐ意図もあります。

 

鉄嘴のフクロウ

ローグのエドウィン、メックハンター等の超電磁ミニオンに対する解答として差しています。後攻2ターン目8/8以上のエドウィンを返せないことを防ぐために3マナのフクロウにしていますが、そうそうあるシチュエーションではないので、スタッツ重視でスペルブレイカー採用もありだと思います。

 

オメガ・デバステイター

バニラスタッツで追加効果を持つ優秀なミニオンです。

ピン差しである理由は、参考にしたリストがそうだったからです。雄叫びが必要な相手に対しては、ピン差しであるが故にハンドに抱えておくことになってしまいますが、そのような相手にはテンポプレイは求められないため、今のところ困ったことはないです。

現在は2積みのリストが主流のようなので要検討枠です。

 

ヤジロボ

主にコントロールデッキのキーカードを抜くことを目的に採用しています。

基本的に、引っ張り出したミニオンに対する除去手段がある時にプレイしますが、今の環境では素出ししても裏目が少ないように思うので、特にローグやトークンドル相手は積極的に出します。

代替カードとして民兵指揮官が挙げられます。

こちらはウォリアーにとって脅威である、ローグのヘンチクランのゴロツキを1枚で返せる点で非常に優秀です。こちらを採用する場合、合わせてお触れ役も入れたいです。

 

スーパーコライダー

メイジに対して特に強いです。返しで武器破壊が来ることを加味しても、1度振っただけで1:2交換になるため非常に強力な武器と言えます。

ローグ相手はライフ管理がシビアなので気安く振れないのと、ウォリミラーで死に札になりやすいのでピン差しです。

抜いているレシピも目にするので、環境に合わせて入れ替えられる枠になります。

 

こっそり妨害工作

メックトゥーンウォリアーに対するピンポイントメタカードです。相手ハンドがコンボパーツのみになったであろうタイミングを見計らって妨害しに行きます。

メイジの召術師の招来、ローグのマイラの不安定元素等、こちらから発動させに行くことで相手の意表を突く意図でも使用できます。

また、スタッツも5/6と悪くないので、テンポプレイすることもできる点を評価しています。

 

メックトゥーンウォリに対する他のメタカードとしてモジョー使いのジヒィがあります。こちらの方が汎用性が落ちる代わりに確実に相手の行動を阻害することができると思います。otkされるのはとても不愉快なので、どちらかは採用しておきたいです。

 

 

全マッチアップ共通でマリガン時にキープするカード

苦痛の侍祭

このデッキは3ターン目の動きが他にないため、侍祭はキープしておきたいです。1ドローでも悪くない上に、3点を吸ってくれてなおかつ止めの一撃の起点になるという十分過ぎる働きを期待できます。

 

狂気の天才ドクター・ブーム

ヒーローパワーを替えるだけでも凄まじいバリューを生み出す上に、メカに急襲を付与する効果のおかげで盤面の取り合いに圧倒的に強くなれる壊れカードです。

変身することができればその後のゲーム展開が非常に有利になるので、1枚ハンドを縛られるリスクを冒しても、最速変身を見越してキープしておきたいです。

マーロックシャーマン等、変身する前に勝敗が決してしまうマッチもあるため全マッチキープは言い過ぎなのですが、基本的にキープしておけば腐ることはありません。