ハースストーン Tips

A Note on the Hearth

ハースストーンプレイヤーの備忘録

大会

私がハースストーンを始めてから今年で6年目になります。スタンラダーを主な活動拠点として、折に触れ別のモードも一通り遊んできましたが、さすがにマンネリしてきた感じを否めません。もちろん、カードゲームなのですぐに環境が変わるため、極め続けることは不可能で、常に学ぶべきことで溢れています。例えるなら、勉強しなければならないことは山ほどあるのに、ペンとノートを用意して机に向かうという入り口が変わらないために、学習が億劫になってきたようなイメージだと思っています。

このような状況を打開すべく、最近は新たな刺激を求めてコミュニティ大会に参加するようになりました。私の見ていた世界が狭かっただけかもしれませんが、以前は運営に用意された環境で競うだけで、自発的に楽しみを見出すような動きは少なかったように思います。もしくはそのような動きが注目されにくい環境でした。しかし、5年の時を経たコミュニティの成熟により、運営に頼るだけでなく自分たちでよりおもしろい遊び方を発掘することができるようになってきました。近頃特に盛り上がりを感じるのがユーザー大会です。オリジナリティに満ちたルールが提案されている大会も散見され、眺めているだけでもわくわくしてきます。

今回はいくつかの大会に参加してきた現時点の私が感じていることをまとめていきたいと思います。

合わせて、私が今まで参加した大会の記録もまとめたいと思っています。参加した大会はこのブログに欠かさず記録することにしているのですが、一番最初に参加した大会だけ記録できていないのがずっと心残りでした。書き出す機会も逸してしまっていたので、ここでこじつけておぼろげな記憶を頼りに書き残したいと思います。

 

 

初心者におすすめなチーム戦大会

私はもう初心者を名乗れる時期を過ぎてしまっているため、完全に初心者プレイヤーの気持ちに寄り添うことはできません。この項を見る場合は、これを念頭に置いて読み進めてください。

 

チーム戦大会をおすすめしたい理由のひとつは、要求資産が少ない事です。

一般的な大会は、いくつかの異なるデッキを用意してゲームを複数行い、勝利数の多い方が勝者とされるルールが採用されます。このデッキを全て自分で用意しなければならないため、勝ち上がることを目的にした場合そこそこの資産を持っていることが参加の前提とされます。

一方、私が参加した3つのチーム戦大会のうち2つは、各自デッキをひとつ持ち寄って対戦する形式でした。普段から使い慣れているデッキを持ち込むこともできるので、大会のために特別カードを用意しなければならないということがなく、気軽に参加することができます。実際私も知らず知らずこの恩恵を受けていました。

 

おすすめ理由のふたつ目は、得られる経験値が膨大な量であることです。

カードゲームは、RPGのように敵を倒し一定の経験値を貰って着実にレベルが上がるというタイプのゲームではないことは周知の事実でしょう。ゲームを理解しレベルを上げるために対戦するのに、効率よくレベルを上げるためにはゲームに対する一定の理解が要求されるというジレンマをはらんだゲームです。ただ、ポケモンでいう「ふしぎなアメ」のように簡単にレベルを上げる方法もあり、そのひとつがコーチングを始めとする自分より上手いプレイヤーにアドバイスを貰うというものです。チーム戦は、このコーチングを自然に受けられる環境が整っている場であると言えます。上級者はゲームを理解するための土台となる知識をすでに持っているので、うまく吸収できれば世界が変わって見えるほどの成長を見込めます。インプット力とアウトプット力は異なる能力なので、単にゲームが上手いだけでなくコミュニケーションが上手なプレイヤーに師事するのがポイントです。うまくいけば大会に向けた事前練習の段階で既に十分な収穫が得られていることでしょう。

初心者の自分が参加すればチームの足を引っ張ってしまうのではないかという不安があるかもしれませんが、そんな心配はほとんど必要ありません。使用デッキは事前に相談しておくことができます。今までのチーム戦大会ではチーム内での観戦、会話が許可されていたため、プレイ方針に関してはメンバーと話し合って選択できますし、分からない場面があっても、メンバーの意見を求めながらプレイすることができます。本当に危惧すべきは、メンバーの意見を翻せない空気ができてしまい、プレイに自分の色が出せなくなってしまうことです。その可能性にさえ目を瞑れば、大きな成長を見込める場として重宝するでしょう。

 

デッキ構成及び出し順について

デッキを複数用意し、先に全てのデッキで勝利した方がマッチの勝者となるルール、Bo3(ベストオブスリー)コンクエストやBo5コンクエストといったものが採用されている大会には何度か参加しています。その際に、ネットで検索すれば解説が出てくる程度にメジャーな戦術を2つ試しているのですが、どちらも好成績を収めることができています。決して通用しないものではないと思っているこの2つの戦法を紹介します。

 

・Tier1編成

ラダーで環境を定義しているデッキを上から順に持ち込む構成です。単純にデッキパワーが高いため、多少の相性差も力で覆すポテンシャルを秘めています。

Bo1環境と大会のメタは必ずしも一致しませんが、ほとんど同じデッキが台頭していると考えて大丈夫です。ラダーで回し慣れたデッキを持ち込むことができる点がこの構成の魅力です。

 

難点のひとつは、奇襲性が薄いところです。環境を定義するデッキは、メタを停滞させないためにプレイヤー総出で対策されていきます。名が知れ渡った代償として、手のうちがばれた状態で対戦することを余儀なくされます。

 

一貫性のない構成になり得ることも、場合によってはデメリットとなります。

ここで、グー=ビートダウンチョキ=コンボパー=コントロールというようにデッキタイプをじゃんけんの手で例えます。Tier1編成は、グー、チョキ、パー全ての手を検討する余地のある組み方であり、使いこなすためにはゲームに対する幅広い理解が求められる構成になります。ある程度のやりこみが必要となるため、上から強いものをピックするという発想の安直さからは想像のつかない難しさをはらんでいます。

 

・メタ編成

特定のデッキタイプをターゲットに、それに有利のついているデッキで固める編成です。相手が出してくる手の中にパーがあると考えられるなら、こちらの手を全てチョキで構成し、パーを全抜きすることを狙うという戦術をとります。これは、全てのデッキで勝つまでマッチの勝利が確定しないというBo*コンクエストルールの性質を活かした戦略で、グー、グー、パーという一見不利な構成をしている相手にも勝てるポテンシャルがあります。

この構成はどれも似たようなデッキタイプであるため、ある程度練度を共有できる点がメリットとして挙げられます。また、出し順についてもさほど結果には影響しないため、本番で使う思考のリソースを温存できる点も気に入っています。

 

この編成を選択するデメリットには、相手の編成に仮想敵がいなかった場合に厳しいマッチになることが想定される点があります。全てグーの編成で全てパーの相手に当たってしまう場合はもちろん、グー、グー、パーといった手を用意してきた相手にもデッキ相性だけで見れば不利がついてしまいます。カードゲームは相性だけで結果が出るわけではないので、たとえあいこであっても練度差など他の要素を使い有利に立ち回ることができるとはいえ、ゲームスタート時点で不利を背負うのは大きなリスクです。メタをしっかり読み切る力が求められます。

 

デッキを出す順番

この記事及び記事内のリンク先にわかりやすく簡潔にまとめられています。

私は、シャドウバースのBo3に打ち込んでいた時期に一度投げ順について考えたのですが、順番は結果に影響しないという結論に至りました。あれは確率論に基づいた考え方だったようです。

心理戦に関しては、この記事が非常に参考になります。

答えは提示されていますが、私は些細な意志決定を自分自身で行い、その結果についてあーだこーだするのがカードゲームの醍醐味だと考えている節があるので、必ずしもこの択を選び続ける必要はないと思います。

 

デッキの出し方に関して現在は少し違った考え方を持っていて、最も多く不利のついているデッキから先に投げることにしています。試行回数を稼ぐことによって勝率の低さを補うという発想です。これは運が悪いと全抜きされて終わってしまい、大会の後味が悪くなってしまうため、メンタルコンディションが好調の時でないと使えない考え方です。

 

ラダーと大会との違い

ここで大会に参加する意義について考えたいと思います。

本当はこの話を冒頭に持っていきたかったのですが、デッキ構成の話のあとに持ってきたほうが内容が伝わりやすいかと思い、渋々この位置になりました。

 

ラダー、つまりBo1は、1マッチに1ゲームしか含まれないため、マッチをとるためには負けが許されません。そのため、幅広いデッキに有利が取れるデッキが頂点に君臨しがちです。

対して、1マッチに複数のゲームが含まれるルールが採用された大会では、上で紹介したメタ編成を筆頭に、受けは広くなくても特定のデッキには勝てる、いわゆる尖ったデッキでも十分に活躍させることができる戦術があります。この編成を知っているだけで、実用レベルに至るデッキの数はBo1環境に比べてぐんと増えます。Tier1編成のような、Bo1と構成デッキが似ている編成を使用する相手もいるでしょうが、対戦相手の嗜好には干渉できないのがこのゲームです。自分のデッキを握り替えてみるだけで新鮮な体験をすることができるのではないでしょうか。Bo1環境にうんざりしているという声をちらほら見かけますが、そういうプレイヤーにおすすめです。

 

大会記録

Hearthstone Masters Qualifier Seoul-Asia Ladder Qualifier June ベスト8

 私が初めて参加したhs大会です。ラダーを頑張っていたら運良くtop200finできたため、記念に出場してみました。今では珍しいスペシャリストというルールで、1デッキの中身最大5枚を入れ替えたものをふたつ用意し、3つのデッキを任意に握り替えて使う事のできるBo3の大会でした。

出場した中で最もモチベーションが高い時期で、熱心に取り組んだ大会です。その甲斐あって、個人としては史上最高の成績を収めることができています。当時はTwitterを始めて間もなく、ネットの毒に触れる機会が少なかったため、純粋にゲームを楽しむことができていました。

 

この大会は悪党同盟環境で、コントロール/ボムウォリアーが頭ひとつ抜けて強かった覚えがあります。ウォリアーを握るなら天敵ハンターにも比較的勝機のあるボムウォリアーだと思っていました。しかし、私が持っていたのはコントロールウォリアーのみだったため諦めて、最も使い込んでいたミッドレンジハンターを持ち込むことにしました。サイドデッキは、直近の大会で好成績を残していたリストを丸パクリしました。大会直前に用意したため、サイドリストの練習はほとんどできませんでした。リストを変えるということは有利のつく相手なのだから、さほど練習する必要はないだろうという口実を考えていましたが、今思えばこれは間違いでした。有利なゲームといえどプランの確認程度はすべきでした。

当時の対戦表です。懐かしいデッキがわんさか出てきて目頭が熱くなります。

心の片隅で意識していたマーロックシャーマンはウォリアーに駆逐された結果ほとんど姿を消し、ミッドレンジハンター、ボムウォリアー、招来メイジ、テンポローグからなるメタとなりました。全てラダーでの練習段階で仮想敵として意識していたデッキで、勝ち筋はしっかり把握できていました。ハンターの持ち込みが最も多く、デッキチョイスは悪くなかったようです。

2度の不戦勝を含み順調に勝つことができ、2敗がドロップラインと言われていたにもかかわらずオポ差でベスト8が集う決勝トーナメントに進出することができました。

決勝トーナメント初戦は、仮想敵の中で最も意識していたボムウォリアーでした。勇んで対戦を開始しましたが、とてつもない手札事故で何もできずメインを落としてしまったのを覚えています。

サイド後は、対ウォリアーを意識したリストに握り替えました。しかし、私がウォリアー相手に選択していたプランはスケイルハイドを使い回して爆弾を全て受けきるプランであり、攻めるプランをとる必要があるこのサイドの立ち回りがよく分からず負けてしまいました。反省点はあったものの不思議とそれほど悔しくはなく、初参加にしては十分な成績だと納得していました。

驚いたのはTwitterでのリアクションで、ベスト4の権利獲得者達は大勢から祝福されているのに、権利は得られなかったとはいえ決勝トーナメントまで勝ち進んだ私たちには何もなかったのが衝撃的でした。注目されるのは優勝者のみで、道中踏みつぶされた砂利には誰も見向きもしない、という内容をMTGのコラムで読んでいましたが、まさにそれを体感したような気でいました。のちに優勝したワイルドアレク杯では、中身のないツイートにたくさんの祝福を頂いたことからも虚しさが漂います。

 

HSタッグマッチ2 2位

スタンBo3、ワイルドBo3、BG担当に分かれてBo3を行うチーム戦です。私はワイルドBo3を担当しました。

スタン、ワイルドに分かれてタッグを組む大会が以前開かれており、その続編でした。

この大会は、私が参加した他のチーム戦とは違い、各フォーマットの担当者がひとりだけで、基本的に本番中メンバーに相談することはできなかったため、チームの足を引っ張るまいと猛練習しました。

詳しくは別途記事を書いてあるので割愛しますが、私個人の成績としては全勝することができました。デッキチョイスが功を奏したと感じています。

 

ワイルドアレク杯 優勝

ワイルドの雰囲気に嫌気がさし、しばらく引退することを考えていたところ、久しぶりのワイルド大会が開催されるということで、記念に参加してみた大会です。

引退直前でワイルドをプレイするモチベーションが0だったため、周囲のワイルドプレイヤーに環境を聞いてデッキを決めようとしたところ、奇数ローグは構成に絶対入るデッキだという情報を得ました。そこで私はこのデッキを仮想敵に置き、4コントロール編成を持ち込み3タテする方針でデッキを組みました。これが見事に刺さり、最後まで勝ちきることに成功しました。

 

第2回フェル学杯 ベスト4

スタンダードBo3を3人チームでプレイする大会です。海外の大学対抗試合などを見て、画面の奥で大盛り上がりしている姿を楽しそうだと感じていた私は、そのようなゲームができることを期待して参加しました。

実際には思ったようにはいきませんでしたが、一度回ってきた私の出番は配信台でしっかり勝つことができたので満足しています。

 

ハースストーン甲子園 優勝

前回のチーム戦はスタンダードの経験が浅いメンバーとの出場だったので、今回はスタンメインのプレイヤーとチームを組みたいと思いながら参加した大会です。

あわよくば交流の輪を広げたいと思っていたものの、私の地元山形では残念ながらハースストーンが盛んではないようだったので、身の回りの山形所縁のプレイヤーに声をかけてチームを組みました。

同じ地域出身であるためか波長の合う3人で、軋轢も生まれず楽しく議論することができました。その結果優勝までたどり着き、山形の存在を日本hs界に強くアピールすることに成功しました。山形最強!

2/11 ハースストーン甲子園

kaoruさん主催のスタンダードフォーマットのチーム戦大会、ハースストーン甲子園に参加した。

チーム戦による大会の参加は3度目だが、今回は同じ出身地のメンバーとともに戦うことができ、いつになく楽しめた。勢いに乗って優勝までたどり着いてしまった。

今回は、この大会に参加した記録を残したいと思う。

 

主催のkaoruさん、実況・解説の蒼汁さん、oyatsuさん、運営に関わる方々、とても貴重な時間を過ごすことができました。このような機会を頂きありがとうございました!

 

 

チーム結成

Twitterでハースストーン甲子園開催の知らせを見た私は一目で惹かれ、すぐに参加を決意した。

とりあえず出身地である山形の代表として応募し、他の応募者達と一緒にチームを組む算段でいた。しかし、いつまで経っても山形県の代表者応募がなく、本当にチームが組めるのか徐々に焦り始めた私は、応募締め切りが近づいてきた頃、hs仲間の「paradox」さんにそれとなくhs甲子園についての話を振った。まだ彼をチームに誘うつもりはなかったが、彼はワイルドで4サーバー1位を達成しており、各国の強豪プレイヤーが招待されるワイルド大会に出場し、成績上位に上り詰めるほどの実力者である。ワイルドを制覇するだけでは飽き足らず、スタンダードでも名を轟かせるという野心を抱いており、近頃はスタンダードも精力的に攻略していた。そんな彼がチームに加わってくれたらどれほど心強いだろう、という下心を隠しつつ声をかけたところ、彼のほうから一緒に出場することを申し出てくれた。山形は彼にとって縁のある地だということで、チームメイトとしてこの上ない存在だったので、二つ返事で了承した。

3人一組のチーム戦だったため、あと一人メンバーを探さなければならなかったのだが、paradoxさんも、なぜか私も、ワイルドプレイヤーが周りに多く、気軽に声をかけられるプレイヤーが思い当たらなかった。そんなとき、ふと私のhsのフレンド欄にいた「こくとー」という名前に目が止まった。彼は、ある有名hs配信者のチャット欄に頻繁に現れていたプレイヤーで、そのセンスあるコメントに私はいつも感心していた。ラダーでたまたま対戦したことをきっかけに私が彼のゲームをしばしば観戦させてもらう仲になり、彼の独創的なデッキと人間味溢れるプレイを見ながら、いつか話をしてみたいと思っていた。ちょうどいい機会だったので声をかけてみたところ、初めは参加にとても消極的だった。しかし、押せばいけると直感した私は猛プッシュを仕掛け、無事仲間に引き入れる事に成功した。このときは忘れていたのだが、彼も山形県が出身地だということを以前聞いていた。こうして偶然にも山形ゆかりのプレイヤーが3人集まることとなった。

 

準備

paradoxさんとこくとーさんは直接の接点がなかったため、私がパイプのような役割を務めながら準備を進める形になった。本当は大会の前に一度集まり、持ち込むデッキの相談や調整を一緒に行う予定だった。しかし、それぞれの都合がなかなか合わず、結局大会当日まで一堂に会したことはなかったように思う。このような状況でも微塵も不安を感じることがなかったのは、信頼のおけるメンバーが集まってくれたおかげだ。

デッキに関しては、私が環境でかなり立ち位置のよさそうな武器ローグ、paraさんが得意な自傷zoo、こくとーさんが直近のメタで頭角を現し始めて来ていた復活プリーストを持ち込むということでまとまった。調整は図らずも各自で進めることになってしまったが、paraさんは準備期間で嫌になるほど練習していたし、こくとーさんは日頃からスタンダードを触っている経験値があり、メタに関して卓越した知識を持っていた。この中では私が最も足を引っ張りそうな立ち位置にいると考えていたが、特段練習に打ち込むようなことはなかった。それは、hsを始めてからの総合経験値はそこらのプレイヤーには負けないという自負と、やはり二人のメンバーに寄せる信頼が絶大だったという部分が大きいと思っている。ワイルドで回していた武器ローグの経験値を大きな土台にして、デッキリスト公開制による情報とカードゲームの総合力をもとに勝負を仕掛けるつもりでいた。

 

 大会本番

改めて出場者の面々を確認すると、どこも強豪プレイヤーから成っているチームばかりで、少なくとも私は及び腰で挑んだ試合ばかりだった。

毎試合ラスボスと対峙するような絶望感、恐怖感を抱きながら戦った。

ただ、ゲーム中は雑念を振り払い目の前の展開に集中できる私の元来の特性と、いつでも相談できる頼もしいチームメイトの存在のおかげで、常に勝ち筋を見据えたプレイをできたと思っている。

以下、簡単にゲームの展開を記録していきたい。

ルールは、決勝戦までは先鋒、中堅、大将として3デッキの順番が事前に決まっているBo3。決勝戦のみ先鋒、中堅、大将の順番が事前に決まった勝ち残り戦。

 

ブラケット及び各チームのデッキリストこちらから

 

第1ラウンド vs 神奈川B

○ 先鋒 ローグ vs プリースト

× 中堅 プリースト vs ローグ

○ 大将 ウォーロック vs ウォリアー

 

復活プリ対ハイランダープリは必敗ということで、このマッチは全力で避けたかった。

また、私の武器ローグとparaさんの自傷zooはアグロローグ以外なら相手をできそうだという予想を立てた。

実際のマッチは最悪の展開にはならず、第1ラウンドをとることに成功した。

中堅の試合は、ドロースペルからの火力でちょうど削りきられる接戦だったため、悔しさの残るラウンドとなった。

 

第2ラウンド vs 群馬

× 先鋒 プリースト vs ローグ

○ 中堅 ローグ vs メイジ

○ 大将 ウォーロック vs パラディン

 

ローグは依然アグロ型で、こちらのどのデッキも厳しそうだった。

メイジはアグロデッキどちらかを当てれば勝てそうだったため、誰かをローグの犠牲にして残りのゲームを取りに行くという作戦で挑んだ。

第2ラウンドも危なげなく勝ち取ることに成功したが、プリーストが第1ラウンドと全く同じ展開でジャストリーサルを食らってしまった。精神的にダメージが大きそうだったので、次のゲームでは仮想敵に当たれることを祈りながら進んだ。

 

第3ラウンド vs 岐阜

○ 先鋒 ローグ vs パラディン

○ 中堅 ウォーロック vs デーモンハンター

− 大将 プリースト vs ローグ

 

ウォロがデモハンの相手をできなさそうだということで、これを避ける方向で考えた。

デモハンは最後に来そうだったためプリを当て、残りをローグとウォロで相手しようという算段で挑んだ。

ウォロは厳しい相手だと予想したデモハンを踏んでしまったが、会心のぶんまわりと細心の注意を払ったプレイで勝利をもぎ取ることに成功した。

相手のローグは私と同じ中速タイプの武器ローグだったが、一生ローグと当たっているこくとーさんに回すことなく決着がついてよかった。

 

第4ラウンド vs 愛知A

× 先鋒 ローグ vs ローグ

○ 中堅 プリースト vs ウォリアー

○ 大将 ウォーロック vs デーモンハンター

 

このラウンドは、ローグ→デモハン、プリ→ウォリ、ウォロ→ローグという形で理想の当たり方が決まっていたように思う。あとはお祈りしてオーダーを見るだけだ。

実際のゲームでは、プリをウォリに当てることには成功した。

私は、相手のコンボローグに3T12/12エドウィンを立てられ、昏倒を引けずに負けてしまったが、残りの二人が堅実なプレイによりゲームを拾ってくれたため、チームとして勝ち上がることができた。

ここまで上がってこられた時点で既に想定外の出来事だったため、配信卓で決勝に挑むという事実に全員が驚愕していた。

 

第5ラウンド vs 福岡

*この決勝のみ勝ち残り戦

 

○ ローグ vs ドルイド

○ ローグ vs ローグ

× ローグ vs パラディン

○ プリースト vs パラディン

ウォーロック vs N/A

 

このラウンドは勝ち残り戦ということで、速いデッキで敵を倒して、討ち漏らしを残りのメンバーで片付けるというプランを立てた。受けの広そうなローグを最初に出し、残りをプリーストで、最後に代表のparaさんが構えるという形になった。

 

一戦目、武器ローグvsトレントドル。

後攻3T、電光刹花からグローフライの群れで4体の2/2トークンを出されることになったが、ミニオンを並べながら2枚の死角からの一刺しを使えたため致命傷にならずに済み、テンポよくカードを切っていくことで盤面を制圧して勝利。

 

二戦目、コンボローグ。

こちらはマナ通り終始きれいに動き続けることができた。

相手は4Tハンドをほとんど吐いて秘密の通路を打つことで、エドウィンの勝ち筋を見ていたようだが、引くことに失敗してリソース差が開き、こちらが勝利することができた。

 

三戦目、聖典パラディン

こちらは短期決戦にしか勝機がないと踏み、終始フェイスを削るプレイを一貫した。

しかし、相手のプッシュも強く、あと1点というところで勝利を譲ってしまった。

 

四戦目、復活プリvs聖典パラ。

徹底して盤面の打点を削ぎ、ペン投げ野郎をイルシアによって落としてリソース勝ちするというプランのもと、コントロール戦を仕掛けた。

相手もコントロールタイプのプリーストに慣れているようで、知恵の聖典をこちらのミニオンに打って除去することで手札を圧迫し、トップのカードを燃やしてキーパーツのイルシアを落とすというプレイを選択してきた。合計3枚ほど燃やされたが、死の災厄1枚が少し痛かったくらいでミルによるダメージは大きくなく、イルシアで永続火力であるペン投げ野郎を落とし勝利。

 

所感

冒頭でも書いたとおり、チーム戦ルールの大会には複数回参加しているが、今回がダントツで楽しかった。

真剣に勝利を見据えながらも、険悪なムードになることなく終始和やかに進められたのが、私のプレイスタイルに合致していた結果だと思う。素晴らしいチームメイトに恵まれて幸運だった。

考え得る限り最高のチームを組めた自信はあったが、一方で対戦相手が強豪揃いで尻込みしていたため、私個人としてはまさか最後まで勝ち進むことができるとは思っていなかった。これが三位一体となった時のパワーなのだろう。カードゲームではなかなか味わえない貴重な体験をさせてもらった。

また、カジュアル大会では珍しいしっかりとしたスタイルの配信が用意され、しかも実況解説には公式キャスターが起用された。このゲームの競技シーンに興味のあるプレイヤーなら彼らに自分のゲームを見てもらうのはまさに夢のような体験だろう。いい思い出になりそうだ。

今回の大会に対する感想は、なにもかも「最高」の一言に尽きる。またこのような大会があれば、ぜひ参加したいと思う。

 

MTGA記5

M21シーズンに始めたMtGAだが、初めてフルシーズン過ごしたゼンディカーの夜明けシーズンをちょうど終えた。今期の資産運用や、本腰を入れ始めたランク戦の動向について書いていきたい。

 

 

資産関連

ゼンディカーのコレクション状況

f:id:stelmosfire:20210129184748p:plain

ゼンディカーが解禁された当初、リミテッド参加キャンペーンでゼンディカーモデルのフルアートランドが配られていた。各色3枚ずつ計15枚用意され、うち3枚が配布されたため、残り12枚を自力で集めることになった。シールドを中心に、新カードを集める意識を持って回したおかげでコレクション充填に関して幸先のいいスタートを切ることができたように思う。

マスタリーパスを購入するためのジェムを集める目的で参加したクイックドラフトで今環境の面白さを確認し、必要ジェムが集まったあともドラフト目的でしばしば参加していた。

パック購入は日替わりセールに並んでいた場合のみで、パックの入手経路はほとんどリミテッドだった。

コレクション状況を見ると、無課金にしてはよく集めたほうだと感じる。コンプリートまでレアが60枚ほど不足しているが、これはプレオーダーを購入すればちょうど集まりきる数字だ。

シーズン終了時、ゴールドは35000ほど、ジェムは5400貯まっていた。自分の平均勝利数が分からないので3勝と考えておくと、ドラフトを23回ほど回すことができる。ワイルドカードを含めれば、全てのレアをコンプリートできる回数である。無課金でも十分コンプリートまで辿り着けると思うと非常に安いゲームだ。

 

ゼンディカーシーズン終了時点で、Vaultは300%を超えている。カードが集まってきたことによりポイントが貯まる速度も上がってきたため、来シーズンはもっと貯まりやすくなっていることだろうと思う。

資産稼ぎのために半年間スタンダードのイベント戦をやり続けていたが、報酬のレアが4枚以上被る率が体感50%を超えてきたためやめてしまった。今までのペースで資産が増えることはなくなったので、今後これがどう響くかといったところだ。

 

ストアでのゴールドの使い道は、ほとんど日替わりセールのスリーブに費やしていた。結構な額を使ったと思うが、それでもシーズン終了時十分なゴールドが貯まっていたことを考えると、ゴールドに関しても良心的な設定になっていることが窺われる。

 

ゼンディカーシーズンで作成したデッキは、ボロスサイクリング、グルールアグロ、ディミーアローグだった。グルールアグロは、M21からひたすら握り続けていた赤単のパーツを流用できたため、見た目よりコストがかからなかった。サイクリングは全くワイルドカードを使用しないので、きちんと作成したのは実質ディミーアローグだけとなる。このデッキは私を初めてのミシックランクに連れて行ってくれたデッキとなった。本当はゼンディカーシーズン中に到達したかったのだが、タッチの差で逃してしまうことになった。

 

使用デッキ

ゼンディカーシーズンに使用した主なデッキは、グルールアグロとディミーアローグだ。フォーマットはほとんどBo3を選択していた。Bo1については他のゲームでも飽きるほどやっていたため、刺激を求めて新しいルールに挑戦した形だ。

 

グルールアグロは、ゼンディカー環境最初のリーグ・ウィークエンドで日本チームが開発して以来、環境トップに居座り続けたデッキである。1,2,3Tはマナ通りのクリーチャーを展開し、4Tにエンバレスの宝剣で詰めるかグレートヘンジで長期戦を見据えたプランを選択するのが理想的な動きとなる。特にグレートヘンジが強力で、このカードによる継戦能力の高さが赤単をはじめとする緑以外のアグロとの差別点である。

トップTierデッキということで私も触ってみたのだが、3Tの動きを上手くかわされたときに立て直しが利かない展開が目立ち、私のプレイスタイルに合っていないと判断したためデッキを握り替えることにした。非常に分岐が多く、トップデッキを含めてゲームプランを組み立てることが必要になるデッキだったため、とても面白かった。

 

ディミアーローグは、クロックパーミッションと呼ばれるデッキタイプに分類されるビートコントロールデッキだ。クリーチャーを展開し、カウンターを使って相手の除去から守ったり、除去を使って壁をどかしたりして相手のライフを削っていく。

よくLOを狙うデッキと勘違いされているが、LOはあくまでサブプランで、コントロールや動きの鈍いアグロ、壁となるクリーチャーが多くアタックが通りづらい相手に長期戦を挑む際にとるプランになる。このデッキはパーミッションパーツでコントロールしながら戦うことができるためLOプランとの相性は悪くないが、ビートする方が速いため、相手に捲られるリスクを負わずに削りきってしまうのが理想だ。

根拠として挙げたいのがミラーでのサイドボードプランである。

ミラーでは、スカイクレイブの影を使ってビートするプランにシフトするのが定石となっているようだ。アタック3というのがばかにならない打点なのに加えて、遺跡ガニ空飛ぶ思考盗みで止められない数字なのでブロックに困ることになる。さらに除去を打ってもすぐに復活するのでリソースの無駄遣いになるというコントロールデッキ殺しの性能をしている。パーミッションの部分の被害が減るため、ローグ相手にかなり通りのいいカードだ。

ミラーなので基本的にはキルターンが同じデッキ同士の戦いとなる。その中ににスカイクレイブの影が投入されるというのは、ゲームの速度を上げてくれるカードだからという理由が透けて見える。やはり、LOよりもビートダウンプランを選択したほうが早く決着がつき、相手に逆転の目を与えずに済むことになるというわけだ。

 

メタの変化と研究の進行によりリストが変わり続けたため、ミシック到達時に使用していたリストを貼っておく。

 

相棒
1 夢の巣のルールス (IKO) 226

デッキ
4 遺跡ガニ (ZNR) 75
4 マーフォークの風泥棒 (ZNR) 70
4 空飛ぶ思考盗み (ZNR) 236
4 盗賊ギルドの処罰者 (M21) 125
1 本質の散乱 (IKO) 49
3 心を一つに (IKO) 60
1 無礼の罰 (ELD) 42
2 無情な行動 (IKO) 91
4 湖での水難 (ELD) 188
4 物語への没入 (ELD) 50
2 凪魔道士の威圧 (ZNR) 66
2 血の長の渇き (ZNR) 94
3 アガディームの覚醒 (ZNR) 90
2 ゼイゴスのトライオーム (IKO) 259
4 沼 (ZNR) 272
4 寓話の小道 (ELD) 244
4 清水の小道 (ZNR) 260
4 欺瞞の神殿 (THB) 245
5 島 (ZNR) 271

サイドボード
1 夢の巣のルールス (IKO) 226
2 塵へのしがみつき (THB) 87
1 取り除き (M21) 97
3 否認 (ZNR) 71
3 神秘の論争 (ELD) 58
4 スカイクレイブの影 (ZNR) 125
1 血の長の渇き (ZNR) 94

 

12月に行われたMOチャレンジで結果を残したデッキらしい。

サイドボードの取り除き血の長の乾きに変えたものがもとのリストだが、インスタントの除去がほしいと思う場面も多かったため、漁る軟泥をターゲットにできる取り除きを1枚入れておくことにした。体感どちらでもいい印象だが、取り除きの使い勝手はかなりよかった。

 

相性は明快で、速いデッキに弱く、遅いデッキに強い。

サイドボード後は脱出カードや墓地対策カードで簡単にメタられてしまうため、Bo3でプレイするのは若干向かい風かもしれない。しかし、クロックパーミッションというタイプの性質上幅広い相手を見ることができるため、そういったピンポイントメタカードに対するストレスは特になかった。

悪く言えば器用貧乏で、純ビートダウンや純コントロールデッキにはどうしてもそれぞれの振り切られた強みによって差をつけられてしまうように感じた。クリーチャーもしくは除去札いずれかに手札が偏ってしまった場合も、相手のデッキと噛み合わないとなかなか対抗することが難しい。ただ、4マナ4ドローという破格のコストパフォーマンスを持つ物語の没入を打つことができれば、その当たりの事故を挽回してゲームを建て直す起点を作ることは容易だという印象がある。

 

新環境になってからは、置物を使い回すヨーリオンデッキが目立った。大体3,4マナに強い動きが集中しているため、中マナ域にはカウンターが決めやすく攻略が簡単だった。環境初期はまだ勝てるデッキというポジションを維持している雰囲気があったが、このデッキが新環境でも息できるデッキであり続けるかどうかは今後のデッキ開発にかかっていると思う。前環境は好きだっただけにメタが塗り変わるのは少し寂しい気もするが、新しいデッキを握れることに期待したい。

 

今後

スタンダードBo3ではミシックに到達することができ、一段落した感触を得ている。

新環境がきたので、カード集めがてらドラフトをやり、集まったカードで新デッキを作成することを当面の目標としたい。

 

スタンダードが落ち着いてきたタイミングでヒストリックへの参入を考えたいと思っている。スタンダードイベントをやめたのは、報酬のレアカードが体感50%程の確率でだぶってしまっていたからだ。ヒストリックのイベント戦であれば、ヒストリックプールの中から報酬が抽選されるため当分報酬の被りを気にすることはなくなるだろう。デッキを作りさえすれば、それを使って資産を増やし続けることができると思うので、比較的安い単色デッキから何かひとつ用意したい。

ワイルド勢とスタンに参入してみて

12/18、第2回フェル学杯という大会が開催された。この大会は、3人でチームを組み、それぞれ1デッキ用意してBo3を行うというルールの特殊な大会だ。大会中は通話も許可されているため、プレイを話し合ったり、展開の一喜一憂をチームメイトと共有したりと、個人戦とは違った楽しみ方ができる。募集を見た私は一目で惹かれ、大会情報を共有したところ反応が返ってきたプレイヤーと話の流れで一緒に参加することになった。

この記事ではチーム結成から大会参加までの流れと私が感じたことをまとめていきたいと思う。主題が大会についての感想ではないことと、恐らくポジティブな内容にはならないであろうことを断っておきたい。前書きであるこの項で大会について触れておくと、運営がとても丁寧で印象がよく、大会ルールも個性的な、非常に面白い大会だった。また機会があればぜひ参加したい。

 

 

チーム結成

上に書いたとおり、大会について反応が返ってきたプレイヤーと流れで一緒に出ることになった。ちなみにこのプレイヤーはワイルドプレイヤーであり、スタンダードフォーマットの大会に興味を示したのが意外だった。恐らく、フォーマットは度外視でチーム戦という部分に惹かれたのだろう。ワイルドでは個人戦の大会すらほとんど開催されないため、ましてやチーム戦での大会となれば気になるのも分かる。

3人チームということで、私も一応ワイルドを触っていることを加味して、ワイルド勢という形でチームを組むのがきれいに思えるメンツだった。ちょうど話題に上がったワイルドプレイヤーに声をかけたところ快諾してくれたため、この3人でチームを組むことになった。

 

練習期間

ワイルドプレイヤーがスタンの大会に出るということで、まず障壁となるのが資産の問題だ。よくワイルドには十分な資産がないと参入しづらいと思われがちで、つまりワイルド勢は潤沢に資産を抱えているのだろうと思うプレイヤーも多いのではないだろうか。実際の所は必ずしもそうではない。確かにスタンダードはカードプールが狭いため、新規参入の際には入りやすいフォーマットだ。しかし、スタン落ちにより毎年使えるカードが入れ替わっていくため、長く続けようとすれば新拡張を追い続けなければならない。対してワイルドは、プールから落ちるカードはないため、メタ的に落ち目になる場合を除いてデッキが使えなくなるということはない。昔のパワーカードも存分に組み込むことができるので、新拡張によるチューニングは控えめでも十分戦える。デッキをひとつ用意さえすれば、追加投資ほとんどなしに長く遊ぶことができるのだ。

以上のことから、彼らは現スタンダードのカードを満足に所持していなかった。一人はウォリアーなら用意できそうだということでヒーローが決定。もう一人は、これから作る予定のワイルド版聖典パラディンにパーツの流用が利く聖典パラディンをなけなしのダストをはたいて用意するということになった。

私は、以前触っていた秘策ローグに酷似している現秘策ローグが環境入りしているということで、新カードを数枚作ってこれを用意することにした。練習期間も短かったため、既に練度が蓄積されているデッキを選んだのはいい判断だったと思う。

 

次に障壁となったのが、モチベーションの問題だ。ワイルドプレイヤーがワイルドを遊んでいるのには彼らなりの理由がある。そして、私が話を聞いてきた限りそれにはスタンダードフォーマットに対するネガティブな印象が影響していることがほとんどだ。既にマイナスイメージを持った状態で、果たして彼らが満足に練習を重ねることができるのかという点が今回の大会における私の最大の懸念点だった。

デッキの方向性が見えた段階で、練習方針についても意識を共有しておこうと思い、いくつか留意項目を提示したのだが、どれも無理しない程度にという消極的なものにしておいた。万が一練習に対してやる気がなかった場合、私から強制したところで満足な結果を得られないどころか、かえって士気が下がることが想定されたからだ。これに関しては、大会が終わった今でも正しかったかどうか判断しかねる。もしかするともう少し練習に強制力を持たせていた場合、本番のパフォーマンスが向上していた可能性はなきにしもあらずだ。

予想は概ね当たっており、ワイルドプレイヤーのふたりは現スタンダードに関してもあまりいい印象を持てなかったようだ。私の持論では、知識のないプレイヤーが低いモチベーションでゲームをしても当然勝てないため、目についたゲームの悪いところに責任転嫁してさらに離れてしまうという悪循環が、特にマイナス思考を抱きやすいプレイヤーの間では往々にしてあると思っている。周りでもいくつかこのパターンを実際に目にしてきた。しかし、今回の場合はフォーマットの差こそあれどカードの知識は十二分のプレイヤーが集まったため、この説は当てはまらないだろう。とするとこれはゲーム性に関する好みの問題で、他者である私が介入する余地はほとんどないように私には思えた。

個人的には、チームでの協力プレイということで、カードゲームでは珍しい意思疎通の部分を重点的に練習したいと思っていた。しかし、メンバーがスタンのランク戦を数戦回し、感想をひとしきり述べたあとワイルドフォーマットへ戻ってしまう様子を見て、これは少なくともランダムマッチング下での練習は難しいだろうと悟った。私が仮想敵を務めるのは完全な意思疎通ができなくなるためよくない。となるとメンバー以外で対戦相手になってくれる気心の知れたプレイヤーが必要になるが、心当たりがなかった。この状況は私の手には負えなさそうに感じたため、とりあえず自分は納得のいくまで練習しておこうと決めた。

 

練習期間中に一度、私ともう一人のメンバーを交えて通話する機会があった。彼のデッキはそのときに作ったのだが、直後回す姿を見て非常に感心した。とても初めて触ったデッキだとは思えないほどプレイがしっかりしていたからだ。ゲーム自体に対する理解度でデッキの練度不足を補っているのだと思う。後に交代したときに見せた私の秘策ローグのプレイにも、とても初見だとは思えないほど全体のゲームプランまで踏み込んだ深い視点からの意見が飛んできたことからも理解度の高さが裏付けられる。

彼の選んだデッキ自体も気に入ったようで、そのままラダーを回してくれそうな感触だったため、ひとまず安心したのを覚えている。

 

 

大会本番

全員が集まって練習する雰囲気になれたのは、大会の直前だった。私はこのまま揃って練習することなく本番を迎えるのだろうと思っていたので、ここで集まれただけでも上々だと感じた。

仮想敵の問題も、応援に来てくれたプレイヤーが申し出てくれたため、ぎりぎりのところで理想の環境が整うこととなった。付け焼き刃の練習だったため、当然のことながら私たちのプレイには練度不足な点が否めなかったが、メンバー間のコミュニケーションに関してはまずまずな感触を得られた。ここで若干自信をつけられたのは私としては本当に大きかった。相手になってくれたプレイヤーには感謝している。

 

大会本番も特にごたごたは発生せず、円滑にゲームを進めることができた。出るからには悔いの残らないようしっかり準備して挑みたいと思ってはいたものの、意識的にはふらっと参加した大会だったため、準決勝まで残ることができたのは十分な結果だったと思っている。他のメンバーは訳も分からず負けてしまった印象が強いようだが、このわだかまりは今後開く予定の身内大会で解いてほしいと思う。

 

所感

大会に参加して、私はスタンとワイルドのプレイヤー間の深い溝を目の当たりにした気持ちでいる。大会に出る程度では彼らのスタンに対する原動力たり得なかった可能性もあるが、これ以上のきっかけを私は思いつかない。

 

ワイルド人口が著しく少ないことから、どうにかワイルドプレイヤーが増えるようにとの思いを目にすることがある。その一方で、かなりの頻度でワイルド環境に対する悪態も散らばっているせいで、このフォーマットの魅力が見えないことが参入の少ない原因だと思っていた。しかしこれは本質ではなく、両フォーマットのプレイヤーの嗜好の間に隔たりがあることこそがフォーマット間の行き来がない原因なのかもしれない。

 

先日公式が公開した新規向けハースストーン紹介動画に、ワイルド編はないのか、というような話を見かけた。既にゲームをプレイしている層は自分の好みがはっきり分かっているため、ニュートラルな視点で参加することができる新規ユーザーをターゲットにワイルドへ招待するというのは合理的に感じる。しかし、私はワイルドをRPGにおけるエンドコンテンツのようなものだと思っており、初心者にいきなりエンドコンテンツを勧めるのはいかがなものかと思う。発信者はネタのつもりなのかもしれないが、真に受けたプレイヤーが本気になって反応している様子まで見えた。まさかとは思うが、扇動に乗ってくる様子を見て楽しんでいるのだとしたらぞっとする。

ただ、これは真に受けてしまうほど切実にサポートを必要としているフォーマットであるということの裏返しでもあるかもしれない。私としては、ワイルドは第一印象が異常なほど悪いだけで、同じカードゲームであるということもあり本質はスタンもワイルドも一緒だと思っている。なんとなく流れでワイルドを敬遠しているプレイヤーがいたら、自分の目で見てその是非を確かめてほしい。

12/9,10 イベント戦 スタンBo1

戦績

ディミーアローグ

3-3

7-2

 

今回増減

+400ゴールド、レア2枚

 

通算増減

+3600ゴールド、レア19枚(重複4)

 

ボロスサイクリングとのゲームで、フェッチを切るタイミングをミスり、スタックにゼニスを乗せられてカウンターできず負けたゲームがあった。MTGはこういう明確なプレミが勝敗を決定することが多く、単純ではあるが面白い。

資産も順調に貯まってきていい感じだ。毎回精神をすり減らして戦っているのに、そのあとのレアガチャでもメンタルをえぐられるのは本当にきつい。そのうち愚痴しか出なくなってしまいそうなので、完全に楽しめなくなった時点ですぐ察してモードチェンジを図りたい。

17Lands コレクションステータス

ついにMTGAのトラッカーツール17Landsを導入した。過負荷でPCの動作に影響しないかが懸念点だったのだが、それよりもデータを見たい欲求が勝ってしまった。

まだゲームを起動していないが、トラッカーはブラウザで開くタイプで今のところ負荷は感じていない。

 

ドラフトの記録はこれから蓄積していくことだろうと思うが、今回記事にしたいのはコレクションの進捗表示機能についてだ。MTGAのアカウントデータにアクセスしたついでに表示してくれているのだと思う。リミテッドはしばしばカードを割安で手に入れるため、つまりコレクション収集目的でプレイされるので、リミテッドとコレクション進捗は親和性の高いトピックだと思う。私もレアカード収集目的でプレイしていたイベント戦モードをいつ脱却すればいいか思いあぐねていたため、このステータスを参考に時期を見計らいたい。

 

進捗

 

ゼンディカー

f:id:stelmosfire:20201209185127p:plain

現スタンの拡張の中で最も収集率が高い。それもそのはず、この拡張は私がこのゲームを始めてから最初にリリースされた拡張なのだ。

リリース日付近では、特別参加報酬付きのシールドやドラフトが開催され、私はそれらに自然と参加する流れになった。その上、この拡張のリミテッドは非常に面白く、収集目的度外視で参加することも多々あった。その結果否が応でもカードが集まっていく形となった。

これからリリースされる拡張は、このようにリリース記念イベントとマスタリーパスで集まりやすい状態が用意されていると思う。そのため、ドラフトで参加するのは収集率の低い過去の拡張に絞るのが効率的だろう。

 

M21

f:id:stelmosfire:20201209185227p:plain

2番目に収集率がいい。

M21は始めたときに最新弾であった拡張で、マスタリーパスの購入が間に合っている。加えて、リミテッドの環境も悪くないと感じていたことからそこそこ回していた。これらが実った結果が出ている。

ウギンを始め、まだ使いたいカードが未収集の状態だが、次回のローテーションで落ちることを見据えると深追いしすぎない方がいいのかもしれない。ワイルドカードでの補填に切り替えるべきタイミングが難しい。

イコリア

f:id:stelmosfire:20201209185253p:plain

現スタンの拡張の中で最も収集率が悪い。

聞いた話によれば、この拡張はサイクリングや変容を軸に戦うデッキを使わない限り無理に集める必要はないらしい。カードプールを見た感じ自分でもそのような印象を受けた。

トライオームやサメ台風といった優秀なカードはちらつくが、ワイルドカードで集めるので十分だろう。

 

テーロス

f:id:stelmosfire:20201209185420p:plain

この弾もドラフトをそこそこやった覚えがある。

特に目立ったカードはないのだが、夢さらいや空の粉砕など、アゾリウスコントロールをやりたかったときに必要なカードが集まっていたため、それらをピンポイントで狙いながら回していた。エンチャントが多い環境で、トリッキーな動きを学ぶのにちょうどよかったような気がする。

 

エルドレイン

f:id:stelmosfire:20201209185448p:plain

マスタリーなしで最も集めている拡張のようだ。それもそのはず、この拡張はグルールを始め多くのデッキに採用される汎用性を持つ出来事カードが生まれた弾なのだ。義賊や厚かましい借り手など神話レアの質も高く、集めて損はないカードばかりのパックだ。

進んでドラフトに参加するようにしていたが、個人的には苦手な環境だったように感じる。クイックドラフトでは白のカードが評価されておらず、強いカードが流れてきやすい。赤や黒と合わせて騎士デッキを作るのが分かりやすい攻略法になる。

 

雑感

思っていたより集まっていた、というのが第一印象だ。昔の弾についてはもう無理に集める必要はないかもしれない。

私が最も興味があったレアの収集率は、予想よりは少なかった。どの拡張もアンコモンの収集率が高いことを見るに、イベント戦に参加した成果はきちんと反映されていると思う。しかし、全体で50%に満たないくらいのレア収集率を見ると、最近頻発しているイベント戦のレア報酬がジェムに変換される現象にいささか納得がいかない。イベント戦はゴールドが増える点も美味しいためまだしばらくは回すつもりだが、あまりにも被りが頻発してきた際には、トラッカーの数値を参考にやめることを考えたい。